2010年02月04日

診断基準策定求め要望書−「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)

 「脳脊髄液減少症患者支援の会」(大平千秋代表)などは2月1日、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。厚労省内で記者会見を開いた同会・子ども支援チームの鈴木裕子代表は、「一日も早く(診断基準の)ガイドラインを作成してほしい」と訴えた。

 「脳脊髄液減少症」については、厚労省が2007年、厚労科学研究費補助金を「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」(研究代表者=嘉山孝正・山形大医学部長)に交付することを決定。同研究は、3年間で同症の診断基準を確立し、診療ガイドラインを作成することを目指してきた。今年3月に研究期間が終了するが、研究班はこれまでに収集した症例数がデータ解析の必要数に達していないことなどから、再度、同研究の補助金交付を申請している。

 これに対し要望書では、同研究事業で今年度中に当初目標(3年間)を達成し、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求めている。


【関連記事】
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出
難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協
脳脊髄液減少症治療、早急に保険適用を
脳脊髄液減少症の研究・治療促進を
「不安から解放を」難病指定を要望

<中日応援禁止>球場締め出しは無効 名古屋地裁判決(毎日新聞)
大雪 関東甲信に注意報 2日未明にかけ都心でも5センチ(毎日新聞)
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明−福岡大、理研(時事通信)
ハイチPKO派遣は350人規模 政府方針(産経新聞)
<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
posted by サカモト コウイチ at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。