2010年03月09日

5月未決着なら内閣不信任案も=普天間移設で谷垣自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は8日夜、党本部で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山政権が目指す5月中の決着ができない場合、内閣不信任決議案の提出を検討する考えを明らかにした。
 谷垣氏は「首相としての退陣を要求していく。(不信任案も)視野に含めて考えていく」と述べた。 

【関連ニュース】
沖縄の理解なしに決めぬ=普天間移設、平野発言を修正
陸上案は民意無視=稲嶺名護市長
普天間、社・国が移設案提示=5月決着目指し対米交渉へ
官房長官の発言批判=共産・市田氏
反対決議「自然な流れ」=谷垣氏

<コンクリート橋脚>プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)
普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
松本空港で気圧データ誤送信、着陸やり直し(読売新聞)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
posted by サカモト コウイチ at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。